皐月の空が教えてくれること

GWの中日、午前中に思い立って、自宅近くの道路沿いの共有ガーデニングスペースの雑草をボランティアで刈り込む。

蒼のローズマリーが天を目指し、やわらかなオレンジ色のケシが風に揺れる。

ひとりで黙々と大量の雑草たちを刈り込みながら、「君たちも生きるのに必死なんだよね」とココロで語りかけた。

1C8B402B-D6CA-45F4-8356-FDEE4C60B93A

「わるいな。ごめんね」とつぶやきながら、凄い量の汗をかいた。

IMG_9851

クルマで夙川上流あたりを走る。
子どものころを想いださせる陽の光と風の匂い。

そう、いつかの日のなつかしいあの昼下がりを・・。

FMココロから流れ出す曲は、アメリカの「シスターゴルデンヘアー

続いてヒロさんが回した曲が、これまた懐かしい。

「カリフォルニアの青い空」

今さながらに、聞き返してみると、この時代にA/B/CメロにプラスしてDメロまであるなんて、完成されてる名曲です。

乾いたロサンゼルス辺りの空の下でアルバート・ハモンドは今も健在だろうか・・。

ハープシコードが間奏で泣きのソロを。Doobie Brothers「Long Train Runninng

懐かしいついでに、もう一曲。Steely Dan -の「Do It Again

サビの部分で、右側に出てくるドナルド・フェイゲンの口が相変わらずデカイ。2コード進行の代表的な楽曲に、当時は魅了されました。

何度も書いてるけど、音楽は便利なタイムマシーン

素晴らしきあの時代に、一瞬で連れ出してくれる。

五月(さつき)の爽やかな空の下で、ウエストコーストに似た風が吹きぬける。

冷たいアイスコーヒーの季節が飲みたくなった。

いつも、ご訪問いただき感謝しています。