10人に1人の女性が肩こりに悩んでいる?

宝塚南口の美容室、ANTENNE operaです

新メンバーが入社して、
日々レッスンを頑張ってます!
今日から、マッサージの練習にはいりました!
肩マッサージを楽しみにされてるお客様も多いですね✨

では、なぜこんなにも肩が凝るのでしょうか?

肩こりに悩んでいる女性

厚生労働省が平成28年に発表した「国民生活基礎調査」のデータによると、
女性が日常生活で自覚している不調の1位が肩こりで、
およそ10人に1人の女性が肩こりに悩んでいるそう。
これはあくまでも自覚症状のある人
(=肩こりを認識している人)の割合なので、
無自覚の人も含めれば、その数は倍以上になるかもしれません。

それにもかかわらず、
肩こりそのものは疾患と認められていないため、
病院で診断や治療を受けられることはほとんどなく、
私たちは自らの力で肩こりの原因と解消法を みつけなければならないのです。

では、悩んでいる人がこんなにも多いのに なぜ肩こりがなくならないのか…。

長い間、肩こりには「揉む」、「叩く」、「押す」、「流す」の
マッサージ的な動作が効くと言われてきました。
しかし、確かにこっている場所を揉んだり押したりすると気持ちいいのですが、
一時的に症状が軽くなるだけで、
すぐにまた痛みが出てくるという声も耳にします。 つまり、肩こりになりにくい身体をつくらなければ
根本的な解決にはならないと言えます。 私たちがずっと信じてきた「マッサージさえすればよくなる」
という考えこそが、 肩こりの無限ループから
抜け出せなくなっていた理由なのかもしれません。

image

一般的な肩こりの正体は、
肩周辺の筋肉が硬くなって起こる血行不良です。
そのため「筋肉の緊張をほぐす」、
「筋肉の柔軟性や伸縮性を高める」、
「血液循環を高める」などの効果が見込めるストレッチは大切です。

慢性的な肩こりの解消には、
「こりを溜めないこと」と
「肩こりにならない身体をつくること」が必要ですが、

ストレッチは、これらに同時にアプローチできる方法と言われています。
「マッサージや整体を受けても一時的によくなるだけ」、
「肩こりグッズを使っても気休めにしかならない」と感じている人は、
ぜひストレッチを試してください。

肩こりになりにくい身体を目指しましょう。

ご予約はこちら